シモスティック・テクノロジー
シモのスティックって言ったらアレしかないだろオイ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にあったダイソーの話
daiso


ダイソーにゴムが売ってると聞いたので、早速学校帰りに行ったら本当にありました。意外とバリエーション豊富で一個くらい買っていこうかなっておもったけど、ふと我に返ってみたら制服の自分。制服。買えないことはないだろうけど、買いづらいなって考えてたら、店員にコンドームの目の前でなにやら悩んでる少年がいるッ!どうせ彼女もいないくせに「もしものため」とかそんな言い訳を作りながら買おうとしているッ!っていう目で僕を見てきたので、僕は買わずにさっさと逃げてきたのです。
スポンサーサイト
皮もゴムも紋舞らんぶらん
日本人の平均チン長は約14センチだそうです。


僕はその平均ですら1~2センチほど下回ってるんですよ。どうやったらこれ以上のパンプアップが図れるんですか。どうにもならないよね?めっちゃ血液を集めるとか。叩いたりして。(それは腫れ)

で、僕も年頃の男の子です。買うのが恥ずかしいゴム性質のパックされた袋持ってるんですけど、それ、外国のヤツなんです。

黒人が出てるAVとか見るとわかると思いますが、あの大きさッ!太さッ!一般的日本人の比にならないほどッッ!!外国にはそういう人たちがうじゃうじゃいるんだきっと・・・

そんな人たちのために作られたようなゴム製品を、日本人の平均チン長にも満たない僕が使う機会なんてあるかーッ!バカヤローッ!でももらい物、しかも女の子から貰ったんだよコレ。コレは遠まわしに、

「私はコレくらいぶっといのじゃないとイヤだ!」って言ってるもんだね!どんなアピール?
My nickname is Masterbation.(ちょっとかっこいい)
自己発電での姿勢、取り組み、態度とかを事細かに説明してたらあだ名が「オナニー」になった。死にたくなった。
女の子に「ポケモンの中で何の役にもたたないけど5000円で売ることができる玉ってなーんだ」っていう卑猥なナゾナゾを出題してみたいな、えへえへ
先々週あたりから学校では水泳の授業が始まりました。


まぁまだ5月だったってことでまだ水に入るにはちょっと早い季節。水の中に入ると体の体温がだんだんと奪われていきます。そうするとどうなるのか。

きゅぅぅぅぅって縮まるんですよ、おあげが。

その縮こまり具合といったら工藤新一が江戸川コナンになってしまったくらい。

そんな僕らの工藤チン一ですが、水泳の授業ってことでいろいろなことをします。クロールの練習とか平泳ぎの練習とか。泳ぎに必要なのは脚の動きの手の動きのバランス。ということで、手の動きを練習するためにビート板を股間に挟んで泳ぐという練習をしなければいけません。

でもおあげはすごく縮こまっています。それなのに負担をかけるかのようにビート板でそのおあげを押しつぶしてしまいます。そうするとどうなるのか。

チュルンってタマが体内に入ってくるんです。


タマもおあげという体内に入ってるといえばそうですが、さらに中に、そうですね、脱腸をするとタマのあるべきところに腸が出てくるといいますが、まさにそれの逆。腸があるべきところ、つまり胴体の中にタマが入ってくるんですよ。まぁ空手では金的を食らわないようにわざとそれをやったりとかするらしいけどね。でも、

不安。

「オイ!出て来い!お前は引きこもりか!」とか外から行っても、もしかしたらそのまま出てこないで一生を過ごすかもしれないという、不安。気になって気になって授業どころじゃねえとか思うんで、一旦泳ぐのを中断し、足の付かないプールの中でタマポジを整えるのです。水中で誰かに見られたら恥ずかしいけど、それがまた・・・
僕とオクシーがもう2年早く出会っていたら
自己発電のあとはオクシーをかかさないのです。無論顔にですよ。青龍にやったら大変なことになることくらい、女性でもわかるでしょ?


利点はいくつかありのです。

自己発電に必要とされるエネルギーは100メートルを全力で走りきると同じくらいのエネルギーが必要とされるのです。つまり、無の状態から全力を尽くせば、10秒やそこらで昇天することができるというわけです。

ですので、やはりしっとりとは汗をかいてしまうのでその汗をオクシーで拭き取るのです。発電後の喪失感とは裏腹に、爽快感も味わえるのです。


さらに、オクシーはあくまで「顔面拭き取り化粧水」。なので強烈なほどのいい匂い(人によっては嫌いな臭いかも)がするので自己発電後の独特のあの臭いをかき消すことも出来るわけです。

つまり自己発電直後に親が来てもいままでやっていたことはばれずにちょっとオクシーでゴシゴシやってたってことにすればいいんです。


僕のように自己発電をしていることをばれない内に・・・
ブツブツフルーツ(後編)
モギモギフルーツじゃなくてブツブツフルーツ!w

えーと、もしかしたら性病かもしれない僕。部活が終わり、ブックオフとかコンビニとか行って、どーせそんなんおちょくってるだけだろとか思ってまるで危機感を持たずに家に帰ってインターネッツして検索してみました。「亀頭 ブツブツ」と。


亀頭にできるブツブツは、性感染症(STD / 性病)の“尖圭コンジローム”かもしれません。


う、うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

「うわぁ何このブツブツぅ・・・病気なんじゃない?興醒めだわ」
「タダでさえ粗チンなのにお前コレはないよ・・・」
「死ね」
「いっそ切り落とせば★」

お、落ち着け・・・とりあえず冷静を装え・・・何事かと親が来たらちょっと困る・・・


まてよ?本当にそんなブツブツあったのか自分に。
たいして確認していたわけじゃないけど、あったような気がする・・・と思っただけだ・・・もしかしたら・・・いや小さな希望だけれども、僕はその小さな希望でさえもまばゆき光のごとく輝いて見える・・・よし!確認!(ズリッ)


・・・な、ない・・・?

そういや最初に発見した頃、僕はなぜかアソコが痒くて痒くてしかたない時期だった・・・理由はわからなかったが、2ヶ月くらいでその痒みはやんだ・・・

でもその頃、僕の中で革命的な考えが思い浮かぶ。それまでアソコなんて側面洗えば大丈夫とかわけのわからないことを考えていたけど、その痒みとかブツブツもあってか念入りに洗うことになっていたのだ。

洗うことによってそのブツブツの根源が無くなったのかはわかりませんが、とりあえず今のうちは様子を見ておきます。今度あの時のようになってしまったら、一応病院に行ってみることにします。
ブツブツフルーツ(前編)
部活のときにちょっと男性器の話で盛り上がったんですよ(もちろん!男の間だけでな!女子を織り交ぜてたりしたらお前、アレだぞ、興奮するぞォッ!)


それで後輩がなんか一言言ってきたんです。
「亀頭の裏側にブツブツができるとビョーキらしいですよー、しかも性病。ヘヘー」

みんなその時は、そんなもんあるわけあらへんやんとか、そんなんできたら男やめたるわとかそんなこと言ってみんなヘラヘラ笑ってたんですけどね、

僕だけ汗ダックダク。

まるで北京ダックにかける熱した油くらいダックダク汗がにじみ出てくるの。でもその場では空気読んで「そんなんあったら気持ち悪いよね~」とそのブツブツの存在意義を否定しながらも、自分のアレにはブツブツなんてないなんてことはないみたいなことをほのめかしながらその場を乗り切ったのです。


冷静にその場を対処はしたものの、自分がその性病である可能性は否定できないわけで、ものっそいそのことが気になるわけ。デスノートを読んでた時に味わったあのドキドキ感に匹敵するほど。

自分・・・病気なの?という自己への問いかけ。そういやそんなにブツブツしてたかどうかもさだかじゃないけど・・・

そういや昔だけど、シャワーでアソコを念入りに洗ってたんですよ。まだ丸首ネックのセーターとか頭の上までかぶってて、つい最近顔を出してみましたよーって時。そんときなんか水に濡れた勢いもあったのか、ズルって裏が見えるほど剥いちゃったんですね。そこらへんをゴシゴシやってたらなんかザラザラしてて気持ちいいなぁとか思いながら・・・

あのザラザラはもしかしたらブツブツだったかもしれない・・・

そうすると突然涙が溢れてきた。

止めようと思っても止められなかった・・・

2年ぶりの涙だった・・・(たけし読んで以来)
皮付きちんぽとオレ物語
僕のせがれ(名もなき息子)は右曲がりなんですよ。右曲がりって言うことは天下取りでかの織田信長とかそういうすごい人たちもみんな右曲がりだったらしい。

そんなん確証はないけど、僕のは間違いなく右。ライツ。まるで何かを凝視しているかのようなライツ。そのルーツは初めてちんぽを握ったときに至る。

僕がまだおまるから抜け出せなくて、そろそろ幼稚園入園っていうのにまだ一人で便所ができなかったわけ。こりゃどうにかしないと、と思ったのか母親が僕のせがれをおもむろに握り、

「ホラ!こうやるんだよ!こう握って!」ぎゅうぅぅ

トイレの仕方を母親に教えてもらったのが間違いだったんだ。握るってなんだよ握るって!普通はバスケみたいに「左手はそえるだけ」とかなんだよ!それなのにぎゅうぅぅって!ぎゅうぅぅってなによ!アレかお前は、処女の子の手コキか!曲がっちまうだろ!

って今は思うけど、その頃は「母=偉大な教育者」とか思っててコレが正しい方法なんだと思ってつい最近までぎゅうぅぅって握っておしっこしてましたよ。おかげで皮はビロンビロン、芯は曲がったへそ曲がりに成長しちまったワケですよ。

さぁーて、どうしたものか(手術とか)
限界突破
我慢の限界です。

下ネタ書いちゃえー。





プロフィール

nebe

  • Author:nebe
  • 本家サイトで取り扱えないような下ネタを連発するブログ。

    と思っていたんだけど、僕のミクシイが消えたのでまぁミクシイのノリの日記も書いていくと。言うわけですね。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

オアシス

性夜に向けて。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。